きちんと地震に備えよう|早めの予知で身の安全を確保

男性

身を守るための方法

グラフ

日本は地震大国でどこにいても地域差はあるが、地震に遭う可能性は高い。特に寝ている時間帯に起こるととても動揺する。ここ10年で何度も大きな地震が発生して甚大な被害を被って多くの命を失った。地震が来ることが事前に予知できれば守れる命も多くなるだろう。予知の研究は進んでいて、携帯電話でアラームが鳴り緊急地震速報として知らせてくれるシステムもある。少しでも早く予知できれば、例えば寝ていて地震が来ると分かれば起き上がり、安全な場所に移動できるはずだ。せめて頭部だけでも守ることができるだろう。海岸近くにいたら、高い場所へ移動する時間ができるだろう。天災は避けられないことだが、今後研究が進んで予知できれば被害も少なくなるだろう。

日本では、大きな地震だけでなく小さな地震がほとんど毎日起こっている。朝夕問わずに起こっているが、万が一に備えて防災グッズを用意しておくといい。いまはセットになって販売されているものもあるので、家族の人数分、また数日分を用意しておこう。基本的には水とすぐに食べることが出来る食材、また寒さや暑さに対応出来るグッズが必要となる。また家族と予め何かあった時の集合場所を決めることも大切だ。他にも緊急地震速報のみではなく、地震を予知して知らせてくれるアプリをとったり、サイトに登録したりすることで、より防災対策となる。アンテナやこれまでの地震の起き方から予知システムも発達してきているので、大いに活用していこう。

地震の予想

災害

関東地震は現在の科学でも予測するのが難しい状況です。関東地震の様な都市部で大きな地震が起こってしまうとライフライン等の復旧に時間がかかるかと思われますので、常日頃から関東地震に備えて避難用具を準備し、いざという時は速やかに避難できるようにしておくことが大事です。

身近にできる防災

地図

地震の予兆を把握して、命を守りましょう。地震が起こる前には、様々な自然の変化があります。そのため、小さな変化にも気づけるように、地震の予測について知識を付けておきましょう。一人での判断が難しい場合には、他の人の意見を仰ぐようにしてください。また、地震に備えて、食料などを確保しておくと安心です。

事前に災害を知る

グラフ

地震予報のお知らせは、スマートフォンなどに届くようになっています。もちろん不要な人のために設定は切ることができるので、自身で設定が有効になっているかをチェックしておくことが大切です。利用すれば少し前に地震を知ることができます。

はかり知れない地震の被害